世の中はクソである。

世の中はクソである。

居場所がほしい

そもそも「仕事」に向いてない。

f:id:ideo-map:20170514021702p:plain

僕はそもそも働くことが好きではなかった。

好きではない、でもしないといけない、だからせめて働いていることをできるだけ実感しないよう「好きなこと」を仕事にしようと早い段階から思っていた。

それから、僕は両手両足ほど様々なジャンルの職業を転々とした。工場だったり、農業だったり、夜の仕事だったり、WEB制作だったり。色々と自分の「好き」に耳を澄ませ、自分に適する職は何かを考えながら動いた。

 

結果、現在アラサーニート。

そして思うのは「あぁ、僕はそもそも仕事に向いていなかったんだな」ということ。

サッカーに例えてみる。いかにドリブルが上手くても、いかにパスが上手くても、そもそもある程度ピッチを走り回れる基礎体力がなければ、それらの能力を十分に活かすことはできないし、活躍できない。

それと同じようなもので、そもそも「仕事自体に向いていない」場合、どんな仕事をしても、なんかやっぱりダメだ。続かない。

職業に向き不向きがあるように、僕はそれ以前にそもそも仕事自体にも向き不向きがあると思う。

 

だいたいの仕事に共通していることは、メンタル面含め「体力」がいる。そして「忍耐力」がいる。さらにはある程度同じことを繰り返す「継続力」が必要だ。

それらがさっきサッカーの例で言った、基礎体力で、僕は「体力」はないし「我慢できない」し、「すぐに飽きる」。

逆にこれらがある人は仕事に向いている人だ。その上で、自分に合った仕事に出会えれば凄く大成すると思う。

 

そもそも「仕事」に向いていない。

 

なんだそりゃ、思いもしなかったわ。そして人生ハードだわ。

でも、たぶんだけど、僕は子育てとか、家計の管理だとか、家族を運営することとか、そっちは結構できる気がするんだよな。完全に性別ミスってる。まぁ知らんけど。

 

でも「仕事自体に向き不向きがある」ってのはマジであると思うよ。

さっきも言ったように「体力」「忍耐力」「継続力」これが最低限の仕事向きの条件。というかこれがないとまず仕事に向いてない。

広告を非表示にする